グループダイナミックス研究所は2014年2月、温浴事業及び宿泊研修施設を管理する株式会社志楽ダイナミックスと合併し、
新生グループダイナミックス研究所としてスタートしました。

トップ  >  AIAオピニオン  >  AIAオピニオン-4 何のために、どう生きるか 
近年、「日本人はいつから“スパゲティボーン”(ふにゃふにゃの背骨)になったのか」と外国人から言われることが多くなりました。
高齢化が進む中、「何のために、どう生きるか」が問われているのです。そこで、ライフステージに一本の筋(すじ)、柱を通すことがより大切になってきました。それには、志(こころざし)や信念を持って、生命(いのち)の遺伝子をONにし、意欲を失わずに、人生を送ることが求められています。
プリンタ用画面
前
AIAオピニオン-3 匠(たくみ)術で仕事(しごと)を志事(しごと)にしよう
カテゴリートップ
AIAオピニオン
次
AIAオピニオン-5 瘀考(おこう)にならない考え方―言語論理の落とし穴―