グループダイナミックス研究所は2014年2月、温浴事業及び宿泊研修施設を管理する株式会社志楽ダイナミックスと合併し、
新生グループダイナミックス研究所としてスタートしました。

トップ  >  AIAオピニオン  >  AIAオピニオン-10 「本物」 と 「にせ物」 の違いと見分け方
「本物」 と 「にせ物」 の違いと見分け方

◆「本物」
□ 目が輝いている
□ うそをつかない                
□ 相手の顔を見て話す
□ ありのままの姿で平気
□ 自分を知っている
 (自分の強みだけでなく短所も知っている)
□ 誰に対しても態度が同じ
□ 事実と意見を混同しない
□ 本物は剥げない
□ 相手に媚びない
□ 言い訳を言わない
□ 本質、不易を見る
□ 自分の中心線で切る
□ 対自競争をする
□ 根本的にはブレない
□ 志 がある
□ それぞれ又は全体の立場を見極めて判断している
□ 大局観がある
□ 目先の利益では動かない
□ 目的と手段を混同しない
□ 独創的なところがある
□ 自分のありのままを表現する
□ 自分が本物だとは言わない
□ 初心に戻れる                 
□ 「忙しい」とか「疲れた」ということばを使わない
□ 自分のことばになっている
□ 「わが身かわいさ」から脱皮できる
□ リズムとハリがある
□ 勝ち組、負け組といった二元論的な判断をしない
□ 負けると思われている勝負でも挑戦する
□ にせ物の存在は認め、なぜかを考える
□ 生きることに夢中
□ 自然体の勢いがある (善意のライン)
□ 語りが少ない
□ 「何をするか」を考える
□ 目に自然に入って来る
□ 自分を紹介してくれた人を立てる
□ 困っている人を助ける時は、自分の利益など考えず、本能的に助ける
□ 黙って信頼される行動をとる
□今日、その日を新たに生きる
□「君、そんなこと知らないのか」とは言わない
□自分の失敗体験を語り、価値の伝承を行える


◆「にせ物」
□ 目に輝きがない
□ 平気でうそをつく
□ 相手の顔から目をそらして話す
□ 不必要に自分の存在をアピールする
□ 自分を知らない
 (自分の能力の分析が出来てない)
□ 相手によって態度が違う
□ 事実と意見を混同する
□ メッキは剥げる
□ 相手に媚びる
□ 言い訳を言う
□ 現象、流行だけを追う
□ 相手を切ろうとする
□ 対他競争をする
□ いつもブレる
□ 志 がない
□ 一見相手の立場を考えているように見えるが、実は自分のことしか考えていない
□ 大局観がない
□ 目先の利益で動く
□ 目的と手段を混同する
□ マネが多い
□ 本物らしく振舞う
□ 自分は本物だと言う
□ 自分はプロだと言う
□ 「忙しい」とか「疲れた」ということばを使う
□ 自分のことばになっていない
□ 「わが身かわいさ」から脱皮できない
□ リズムとハリがない
□ 勝ち組、負け組といった二元論的な判断をする
□ 「わたしは勝つ勝負しかしない」と言う
□ 本物の存在を認めようとしたがらない
□ 生きることにいいかげん
□ 自然体の勢いがない (いやみなライン)
□ 語りが多い
□ 「何をしてくれるか」を考える
□ 目に自然に入って来ない
□ 自分を紹介してくれた人を無視する
□ 困っている人を助ける時は、リスクや計算をしっかりして、結局何もしない
□ 「私を信頼して下さい」と言う
□ 「私は10年間経験のあるこの道のプロです」と言う
□「君、そんなこと知らないのか」と平気で言う
□自分の成功体験しか語らない


プリンタ用画面
前
AIAオピニオン-9 何の数字だと思いますか?
カテゴリートップ
AIAオピニオン
次
AIAオピニオン-11 匠術(Tachminology)の伝承方法について