グループダイナミックス研究所は2014年2月、温浴事業及び宿泊研修施設を管理する株式会社志楽ダイナミックスと合併し、
新生グループダイナミックス研究所としてスタートしました。

トップ  >  志の力学プログラム
img1
img2

エグゼクティブセミナー―「志の力学」プログラム―

目 的

経営者や幹部社員、部長クラスや若手幹部候補が外的なインセンティブ(報酬や地位など)ではなく、心の持ち方(人生に対する態度)や志から内発的なやる気を起こします。そして、「仕事」を「志事(しごと)」として取り組み、サラリーマン的な発想ではなく、企業家マインドを持った積極的な心構えを養います。

ハウツー研修では「何をやるべきか」という問題発見能力が欠けがちになるうえ、苦しくなるとそれを乗り越えようとする勇気や意欲、創造力が劣ることになるからです。困難に直面した時こそ逃げずに、本来の力を発揮する人財が必要です。自分の信念や志・こころざしに基づくやる氣、つまりは自らの「内なる意欲」が今、求められているのです。今大切なことは、目先の即効性より中長期競争に対する心構えや志を養う人づくり。「急がば回れ」です。

今こそ、志・KOKOROZASHIの基本に立ち返って、自分を見つめ直してみることです。「志の力学」プログラムが、その勇気を奮い起こすチャンスになります。

内 容

志の力学」(The Dynamics of KOKOROZASHI)プログラムは、ビジネスリーダーの戦略的な志・こころざしを確立する心構え研修です。二泊三日のこのリーダーシップのプログラムは、スキルの研修ではありません。リーダーのマインド・心の筋肉に焦点を当てます。


  • 12の志(こころざし)自己診断を通じ、自分の志のレベルを知り、新しい目標創造と企業の志に挑戦する勇気を身につけます。
  • 自らの志と企業の「戦略的志」の大切さを理解し、心の筋肉を強くします。また、どんな変化や難局にも動じない精神力を身につけるための坐禅(勇気づけ坐禅法)の仕方を学びます。
  • 自らの志や企業の「戦略的志」を明らかにしながら、次世代のリーダーに匠術(Tachminology)を「価値の伝承」するスピリットを養います。
  • 「志学のすすめ③」の「実践編」をテキストにして、日本の志のある32人のリーダーの内、何人かを選び、その特性を志(こころざし)から理解し、お互いの体験(失敗体験も含む)を語り合いながら、相互の啓発を行います。
  • 「チームでの役割」理論に基づき、人財の過去の経験やスキルといった適格性(eligibility)だけではなく、これからの職場の中でどれだけ能力を発揮するかの適切性(suitability)や相性を考慮したチーム編成の考え方を学びます。
  • 志が拓くわたしの未来史(人生100歳+α)で、末広がりの目標設定をし、生涯現役で、健康で前向きに、かつ楽しく生き抜くための力と精神エネルギーの充実を図ります。

対象者

  • 経営者
  • 経営幹部及び経営幹部候補
  • 企業経営経験者
  • 事業後継者

 資料請求はこちら 
 セミナー・説明会のお申し込みはこちら 
プリンタ用画面
前
AIA-価値の伝承コース-
カテゴリートップ
TOP
次
LifePOWER